なぜ生前の相続対策が重要なのか

相続税は相続開始時から10か月以内に申告と納税を行う必要がある。

それは憲法30条で定められた納税の義務であり、申告の必要がある方はこれを逃れることは出来ない。

通常、実際に相続が発生してからの節税対策というのは、ほぼ無く、せいぜい小規模宅地等の特例や非上場株式の納税猶予ぐらいであろう。

Follow me!

この記事を書いたひと

塚本 晃行(つかもと てるゆき)
塚本 晃行(つかもと てるゆき)公認会計士・税理士
三木市出身、神戸市育ち、西宮市在住の兵庫っ子。
1980年生まれ。
大阪梅田で相続税申告・対策メインの税理士・公認会計士のお仕事をしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA